構造計画

 この施設は4つの木造建築群と、それらをつなぐロビー棟・エントランスホール棟により全体が構成されている。この4棟と回廊的なロビー・エントランスホール棟は、柔軟な木造架構の利点を生かし、EXP.Jは設けず積極的に接続していく形式を採用している。
 これら分節化された施設群の空間構成に応じ、建物全体を包含する構造計画を以下に決定した。

  1. 各棟の四隅に耐震要素となる鉄筋コンクリート壁を配置する
  2. 回廊部はRC造部分に接続させる
  3. 上記により、木造部は主に長期荷重のみを負担するリズミカルで自由な架構とする