構造計画

 この建物は13階建ての共同住宅である。
 桁行方向ラーメン架構、張間方向は耐震壁付きラーメン架構の板状建築物である。エントランスにより一部ピロティ形式となっている。
 またこの地域は比較的浅い位置で良好な砂礫層が現れ、基礎形式は直接基礎とした。
 これらの条件より以下の構造計画に立脚した。

  1. ピロティ柱断面(コンクリート断面)を大きくし、軸応力度を低く抑える
  2. 転倒防止対策としてピット内に埋め戻し土を充填する