耐震改修・リノベーション

ストラリズモが実施するサービス「耐震改修・リノベーション」について

ストラリズモでは耐震診断や耐震補強、建物の資産価値を高めるようなリノベーションなど各種ご提案を実施しています。
地震の多いわが国では、耐震設計基準は大きな被害を出した地震に合わせて変遷してきました。建築基準法の元となる市街地建築物法(1920年)に制定され、1923年に最初の耐震規定である水平震度0.1以上という基準が定められました。そこから大きな被害を出した地震のたびに、当時の最新の知見を絞り出し、耐震規定は強化されています。宮城県沖地震(1978年)を契機に、1981年に建築基準法施行令の大改正が行われ、これ以前に設計された建物に対し耐震診断・耐震補強を実施しております。

     

耐震改修

耐震診断・耐震補強・耐震診断

平成7年(1995年)に発生した阪神・淡路大震災での被害傾向として、現行の新耐震設計基準以前(昭和56年以前)に建築された建物に被害が多く見受けられたことから、昭和56年(1981年)築以前の建物は、今後、大震災レベルの地震が起こると倒壊する危険性が極めて高く、建物の倒壊を未然に防ぐため、倒壊する可能性があるか事前に把握しておくことが重要になります。

準備中