千葉県立中央図書館を訪れてー大高正人・木村俊彦ー

ホキ美術館の道程で、千葉県立中央図書館を訪れた。
設計は大高正人、構造は木村俊彦
DOCOMOMOに選定されている近代建築

[千葉県立中央図書館]大高正人+木村俊彦
pic1
一度は見ておきたかった木村俊彦のプレグリッド・システムの建築だ。
格子状のPC架構による柱の自由配置や、増殖可能な建築として唾を飲みこむような憧れの建築だ。
ここから鉄骨のプレグリッドや、佐賀県立博物館、八代市立博物館に展開されていく構造だと思うと、一人の構造家の功績を感じずにはいられない。
[柱梁架構]
pic2
老朽化もあり、建物は少々傷んでいるが、こういった思想を実現できる構造家になりたいものだ。